W.K

読んだ本から、読書におすすめの本を紹介し、レビューなどを書きます!

サイコパス式 書評

【サイコパス式】成功のための7つの行動原則

投稿日:2019年8月28日 更新日:

 

 

こんにちは、W.Kです。

 

この記事はこんな人のために書きます。

 

  • 就職したい
  • 取引を成立させたい
  • 最高のパートナーを見つけたい
  • 昇給したい
  • チャンスをつかみたい 

 

上記のようなことを実現するために必要なメンタルの持ち方を紹介します。

この記事は、メンタリストのダイゴさんおすすめの『サイコパスに学ぶ成功方法』を参考にしています。

 

そして、この記事を読むとあなたは重要なことに気づくかもしれません。

それは

あなたがやっているかなり多くのことは他人のためにやっている

ということです!

  

その理由は

  • 他人に好かれるため
  • 家庭を平和に保つため
  • 友人に借りをかえすため
  • 面目を保つため
  • 自分がかっこいいと思われたいから

などです。

 

キリストはかつてこう言いました

「自分がしてほしいと思うことを、彼らにしてあげなさい」

 

とても素晴らしいですね。

他人を軽んじるは善い行いとは言えません。

しかし、成功したいのなら自分自身も軽んじてはいけません。

つまり、

 

「他人が自分自身にしようと思っていることを、あなたが自分自身にしてあげなさい」

 

ということです。

成功したいのなら、親切は他人にする前に、自分自身にしましょう。

自分の人生は自分のためにあるのですから、

他人を優先するのはナンセンスです。

 

それではあなたを成功に導く7つの考え方を紹介します。

 

 

1.実行あるのみ

とにかくやる。

先のことを心配しすぎて、チャンスを逃した経験はありませんか?

考えすぎは脳の貴重な情報処理能力の無駄遣いというだけではなく、

貴重な時間までも失うことになります。

考えすぎは、簡単にできることですら難しくしてしまいます。

報酬を奪いに行くつもりで

とにかく実行しましょう。 

 

2.ここぞというときにやり遂げる

ここぞというときにスイッチを入れ、やり遂げられるようにしましょう。

そのためには

失敗しないことよりも成功することを目標にしましょう。

私たちは無意識のうちに成功するよりも失敗を回避する方向に努力してしまいがちです。

例えば、ギャンブルを考えていただくとわかりやすいですが、一か八かの賭けをする人はかなり少ないです。

これではチャンスをものにできる確率は0パーセントです。

それが正しいやり方の時もありますが、リスクを取らないということがいつも正しいわけではないことは、よく考えればわかるはずです。

なぜならリスクを取りに行かない限り成功する確率もほぼ0パーセントだからです。

負けないことより勝ちに行くプレーをしましょう。

 

3.自分に正直になる

 

自分に自信を持ちましょう

人生は自分のためにあります。

あなたが今やっていることは他人のためであり、自分のためではないのではないでしょうか?

先ほどの失敗を回避する心理にも通じますが、他人から拒絶されないためにしている行動であればそれは負けないためのプレーと同じであり、勝つためのプレーではありません。

すべての人にいい人だと思われるのは絶対に無理です。

出る杭は打たれるといいますが、打たれたからなんだというのでしょうか。

出る杭を打つ人は成功していないので無視しましょう。

(ゲームに参加してすらいません。観客です (笑))

すべての人に好かれるのは無理だということを理解すれば、

自分に反対票を投じるのは非常にナンセンスだということがわかるでしょう。

自分に投票する自信を持つことが大切です。

 

4.説得力を持つ

人を良く観察しましょう。

ゲームに勝つためには相手を手のひらで転がすような感覚を持つことが大切です。

捕食者は獲物をよく観察し襲い掛かります。

説得もそれと同じで、相手よりも自分が優位に立ちたい場合、相手の心理を読み心のカギを開けることはあなたを有利にします。

 

これについてはまた今度記事で書きますが、SPICEという頭文字で表される要素が大切です。

成功する人が勝つためにゲームをプレイするのであれば、

頭の中を簡単に読まれる人は騙されゲームに負けます。

説得力を持ちましょう。

説得力を高める方法は記事を書いたのでそちらを参照してください。

 

 

5.我関せずで怒りを抑える

 

ゲームに一時的に負けたとしても、イライラしてはいけません。

ここまで読んでくれた方はお判りでしょうが、

怒りはあなたの貴重な脳の情報処理能力と時間を奪います。

冷静に考えられなくなれば、ゲームに負けやすくなることは簡単に想像できます。

うまくいかないことがあったとしても、努力し続ける限りそれは一時的なものです。

ただひたすら前に進みましょう。

 

イライラを抑える方法は過去に紹介したのでよければそれを参考にしてください。

 

6.今を生きる

 

いまこの瞬間に集中しましょう。

これはメンタリストのダイゴさんもYouTubeで言っていましたが、今この瞬間に集中する能力を使えると、

余計なことを考えずに済むのでエネルギーや時間を有効活用でき、

結果的に勝ちやすくなります。

集中力を鍛える方法として、簡単なものに瞑想があります。

ほかにも読書も効果的なので、集中力を鍛えるトレーニングとして読みやすい本を読んでみるのもいいでしょう。

このサイトにも本について紹介してあるので、そちらも参考にしていただければ嬉しいです。

 

7.感情に流されずに行動する

  

 

感情に流されてはいけません。

これは先ほどの怒りを排除することにもつながりますが、

感情に左右されず、合理的に判断できればその分成功する確率も高くなります。

時には冷酷になることも必要でしょう。

自分が置かれている状況にストレスを感じていたり、緊張しているときはこう自問してみましょう。

 

「もし、こんなに気に病まなければ自分はどうするだろうか?」

「もし、人にどう思われるかが気にならなかったらば私はどうするだろうか?」

 

このように自問するだけで今の状況から一歩引いて物事を観察しやすくなり、合理的な判断ができるようになるでしょう。

 

まとめ

 

成功するかどうかは努力も大切ですが上のようなメンタルも必要であることがご理解いただけたでしょうか?

最後に例え話ですが、 

 

もしあなたが海外旅行に行くとすれば移動手段としてなにを選びますか?

 

自転車を選ぶことはまずないでしょう。

しかし、感情的になり努力の方向を間違えば自転車で海外を目指すことになりかねません。

うえで紹介した7つの方法をつかって冷静に飛行機を選択しましょう。

なれれば簡単です。

実行あるのみ!!

 

 

Googleアドセンス

Googleアドセンス

-サイコパス式, 書評

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フェイクニュースの見分け方【感想・レビュー】みなさん、印象操作に気を付けてください!

    「千葉県警松戸東署は16日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、茨城県の自称塾講師の男(33)を逮捕した。逮捕容疑は昨年7月5日、ツイッターで知り合った当時16歳の男子高校生を自宅 …

他人をバカにしたがる男たち【書評・レビュー】平等の意味とは

こんにちは、今回は河合薫さんの『他人をバカにする男たち』の感想、レビューをします。完全男子向けなので女性はイライラすると思いますので読まないでください。

何のために生きればいいのかわからない人へ

    みなさんこんにちは、この記事を書いているW.Kと申します。 今回は本を紹介したいと思います。 意外とたくさんの人がこんなことに悩んでいることを知りました。 自分は何のために生きているのか、こん …

お金持ちが肝に銘じているちょっとした習慣【感想・レビュー】生き方を見直そう!

「貧すれば鈍する」 このことわざをご存知でしょうか? 意味は、貧乏になると毎日そのことを考えるようになり、賢い人も愚かになってしまう、または貧乏をすると心まで貧しくなってしまうということです。 他にも …

妻のトリセツ【感想・レビュー】世界平和への一歩

すいませんが完全に男に向けて書いていますので、女性の方がおられたら気を悪くしないでください。       ある日の昼時、仕事の休憩時間にこんなメッセージが届いた。 今日のお昼は今年初の冷やし中華!ー妻 …